バストアップ暦5年で見事に胸を大きくすることができたOLが育乳の方法や豆知識を紹介しています。

豆乳によるバストアップの効果は?

55

豆乳の色々な効能効きますよね。勿論、イソフラボンがたっぷりなんで、女性ホルモンに関係してるのは分かるけど実際どうなんでしょうね。

大豆の場合、消化に時間がかかるので豆乳や豆腐の方が女性ホルモンを摂取って意味では素晴らしいのは確かなんです。

少し詳しく調べてみたいと思います。

「豆乳とは」

豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。大豆製品で摂取するより手軽にとれ、消化吸収も早いので胃にも安心です。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので有名ですね。

賛否両論な意見があるのは、なんでも一緒ですよね。効く効かないは体質もあれば人によって不足してる栄養や体型など要素もかかわってきますので、絶対これが100%っていうものはないです。サプリでもそうです。絶対は何でも100ではないのは頭に入れておいてくださいね。

・豆乳を毎日飲んだだけで、バストが大きくなりました。

・豆乳を毎日飲んだけど全然効果がなかった。

意見が分かれます。なぜなんでしょう?

結論をいいますと、どちらも正しいんです。

ただ、豆乳だけではバストアップは難しいでしょうね。

豆乳プラスなど、何かをしてる方はバストアップしてる可能性は高いです。

マッサージや体操などを組み合わせてる方は成功してる事もあるでしょう!

豆乳のバストアップでの役割は女性ホルモンの分泌に関係してきます。

大豆イソフラボンには、女性ホルモンを活性化する働きは確かにあります。ですので、バストアップだけでなく美肌にも効果はあります。

では、そんなに優秀なのに、バストアップに効果のある女性とない女性に分かれるのでしょうか?不思議ですよね。

それは、バストアップは女性ホルモンだけの問題でなく、バストアップを阻害するものがあるからなんです。

女性ホルモンの分泌も大事なんですば分泌がたくさんだから良いってもんでもないんです。バランスが大事なんです。

ですので、豆乳だけで、バストアップは難しいんです。

その女性の生活習慣の乱れなども影響してきます。

食生活・睡眠・ストレス・無理なダイエット・血行・大胸筋の状態・姿勢(猫背)など沢山の要素でかわってきます。

バストアップを願うのであれば生活習慣も問題になってきます。

豆乳を毎日頑張って飲んでも成長が見られない場合、何か阻害要素があるのを見直した方がいいでしょうね。何かあるはずです。

でも、現代のイソフラボン不足は確かに間違いではないでしょうし、飲まないより、飲んだ方が何かには作用はすると思います。豆乳だけで現にバストアップしてる方もいるので、全く効かない人ばかりではないですし、イソフラボンが不足してるなって感じる女性には、必要な栄養素である事には違いありませんし摂取して悪いものでもないですし。

飲用はいいと思います。でも、普段からイソフラボンを大量に摂取してる方は止めてくださいね。イソフラボンの過剰摂取はバストアップにも悪影響を与える上に健康上にも、あまりよくないので。なんでも、程々がベストです。

「イソフラボンの過剰摂取による被害」生理周期が狂ったり、出血過多になる場合もあるそうなので、過剰摂取はダメです。

日本豆乳協会で提示されてる豆乳の摂取量は、「1日70~75mgが目安」なそうで、無調整豆乳であれば1パックで十分なイソフラボンが摂取できるそうです。

「200mlの豆乳を1日2回程度の飲用は問題ありません」と発表されてますが、日本は他にも大豆製品があり、味噌汁なども飲むのであれば1日1パックがギリギリな量のような気もします。

バストアップを促進するうえで豆乳を摂取するのは、いいとして、バランスが一番重要になってきます。

豆乳を飲みながら、何かを一緒にするとバストアップ効果は高めることはありますし、1つの事に執着せず、組み合わせも大事です。

豆乳を飲んでるからではなく、豆乳もプラスしたし、って考えがいいでしょう!

バストアップ効果飲料くらいな感じで他の事を何かしてみては、いかがでしょうか!効果はあがると思います。

豆乳は他の大豆イソフラボン食品より手軽にとれカロリーも低く、胃などにも優しく消化吸収も早いので万能な食品飲料だと思います。

 

では、摂ったほうがいいとなると、「無調整豆乳」「調整豆乳」とありますよね、どっちがいいんだろ?ってなります。それでは、どう違うのか調べてみましょう!

「豆乳」と一言でいっても「無調整豆乳」「調整豆乳」と最近人気の「豆乳飲料」などもあります。

 

【調整豆乳】甘みやカルシウム、食塩などが加えてあり飲みやすくしてあります。甘みがあり無調整豆乳より飲みやすいという方が多く、大豆固形分は6%以上です。

【無調整豆乳】大豆と水だけで作られていて、大豆固形分は8%以上です。料理に使いやすいです。

【豆乳飲料】豆乳に紅茶・コーヒー・果汁エキスなどを加えてありジュースみたいになっていて飲みやすい飲料になってます。大豆固形分が4%以上に無果汁と大豆固形分が2%以上の果汁入りの2タイプあります。調整豆乳と比較してみると、豆乳の量が20~50%と少ないです。

ような気もします。

 

バストアップを促進するうえで豆乳を摂取するのは、いいとして、バランスが一番重要になってきます。

豆乳を飲みながら、何かを一緒にするとバストアップ効果は高めることはありますし、1つの事に執着せず、組み合わせも大事です。

豆乳を飲んでるからではなく、豆乳もプラスしたし、って考えがいいでしょう!

バストアップ効果飲料くらいな感じで他の事を何かしてみては、いかがでしょうか!効果はあがると思います。

豆乳は他の大豆イソフラボン食品より手軽にとれカロリーも低く、胃などにも優しく消化吸収も早いので万能な食品飲料だと思います。

 

では、摂ったほうがいいとなると、「無調整豆乳」「調整豆乳」とありますよね、どっちがいいんだろ?ってなります。それでは、どう違うのか調べてみましょう!

「豆乳」と一言でいっても「無調整豆乳」「調整豆乳」と最近人気の「豆乳飲料」などもあります。

 

【調整豆乳】甘みやカルシウム、食塩などが加えてあり飲みやすくしてあります。甘みがあり無調整豆乳より飲みやすいという方が多く、大豆固形分は6%以上です。

【無調整豆乳】大豆と水だけで作られていて、大豆固形分は8%以上です。料理に使いやすいです。

【豆乳飲料】豆乳に紅茶・コーヒー・果汁エキスなどを加えてありジュースみたいになっていて飲みやすい飲料になってます。大豆固形分が4%以上に無果汁と大豆固形分が2%以上の果汁入りの2タイプあります。調整豆乳と比較してみると、豆乳の量が20~50%と少ないです。

どれが自分が飲みやすいかで選ぶのが一番でしょうが、一番効果のあるのをと思うのであれば、成分だけでみますと断然「無調整豆乳」です。

料理に使ってみたり、そのまま飲んだりと工夫して「イソフラボンの過剰摂取」に気をつけて飲用してみてください。

「バストに張りがでた」「お肌がキレイになった」などの効果はあるみたいですし、バストアップを願うのであれがバストのハリも必要ですし、摂取に全く効果がないわけでは、なさそうですので、試す事はいいかもしれませんね。

関連記事