バストアップ暦5年で見事に胸を大きくすることができたOLが育乳の方法や豆知識を紹介しています。

肩甲骨を正常な位置にもどす体操

28

背中にある肩甲骨!実はバストアップさせたい方にはスゴク重要なんです。

きれいな肩甲骨の形は「天使の羽」といわれてます。

自由に動かせる肩甲骨には秘密があり、自由な分、歪みやすくそのズレのせいで肩こりや背中のコリに繋がるんです。

それに、バストを引き上げる力を低下させてる原因にもなるんです。

肩甲骨を正常な位置に戻すことで改善できます。

姿勢が悪くなり猫背になってしまっていて肩関節が前に移動してしまう「巻き肩」という姿勢になってしまっていて、肩甲骨が左右に広がってしまい、胸の筋肉が縮んでしまってる場合があります。

本来の肩甲骨の位置は肩をぐるりと回して一番下にきた時に肩甲骨が下がった状態が正しい位置なのですが、左右に広がっている場合は体全体が歪んでるといっても過言ではないです。

バストアップだけでなく体の健康の為にも正常な位置である方がいいと思いますので、実践してみましょう!

【アンミカさん流、肩甲骨エクササイズ】バストアップに効果のある所だけを載せてみたいと思います。

《肩甲骨上下ストレッチ》

1.深く深呼吸し、リラックスして行ってください。

2.手を下に下ろしたまま、息を吸いながら肩を耳の方に近づけていくイメージで手は下のまま肩だけ上げます。肩甲骨が上下するのが分かります。

3.息を吐きながら、肩をもとの位置に戻します。

4.そのまま、息を吐きながらさらにもっと下に肩を下げます。

5.息を吸いながら肩を元の位置に戻します。

6.1日10セットくらいを行います。

 

《腕の蹴伸びストレッチ》蹴伸びとは水泳の時の足の形です。それを腕でします。

「肩甲骨を内側と外側に動かすストレッチです」

1.肩幅に足を開き、ヒジを曲げ手の平を上にむけます。

胸を後ろに反らせ腰も少し反らしながら、ヒジとヒジを背中の後ろ側で収縮させます。肩甲骨と肩甲骨の肉がギュっと挟まります。イタ気持ちいいと思います。

2.腰を丸めながら腕を前に遠くに伸ばし、手の甲同士をくっつけます。腰も前にまるめる感じで行います。

3.元の位置にユックリ戻します。

4.深呼吸をしながら1日10セットくらい行います。

 

《肩回しのストレッチ》

「肩甲骨をヒジだけでなく、肩全体、肩甲骨全体を回すようにします」

1.肩を大きく後ろに10回まわします。

2.肩を大きく前に10回まわします。

ヒジを回すのではなく肩甲骨を大きく動かしまわしてください。

 

《ストレッチ》

「肩甲骨を動かした後はストレッチで筋肉を休ませましょう」

1.片手を肩まで上げ、そのまま横にします。もう片方の手を正面から90度にかぶせクロスした形にします。横にした手の付け根がギュウッと引き寄せられ、肩甲骨も開きます。このまま、20秒~30秒キープします。

 

2.腕を反対に、同じ様に行います。

左右で1セットとし、2~3セット行います。

 

【手軽に行える大胸筋を鍛えれる運動】

数々あるバストアップ法ですが、基本はやはり大胸筋を鍛えるバストアップ運動が有効かと思います。

バストアップ運動で、バストの土台である大胸筋をシッカリ鍛えると、ハリのある垂れてないバストが手に入ります。

筋肉をキッチリ鍛えていきましょう!

では、何個かバストアップに効く運動など紹介していきますね。

 

【合掌】シンプルですが、結構きますよ!

1.合掌をするような感じで両手を胸の前で合わせ、姿勢を正して背筋を伸ばします。

2.ヒジは曲がらないように気をつけて90度になるようにしてください。

3.そのまま、手の平を15秒ほど、強く押し合いっこします。呼吸は吐くようにしてください。

力が分散してる気がする時は、雑誌などを両手の間に挟んでもOKです。

4.これを5回で1セットとして、1日3セットを目安にしてください。

 

【腕立て伏せ】

1.普通の腕立て伏せより腕の幅を広くし、視線は前を向きます。腕を曲げるというよりも、バストを開くようにし、息を吐きながら上体を下ろしていきます。今度は息を吸いながら上体を起こします。

この腕立て伏せを10回を1セットとして3セットを目安に行います。

ただ、最初は回数よりも確実に毎日運動する方がいいと思いますので、無理せず続けれる回数+少し増やしていくくらいで、いいと思います。

 

【脇肉対策&バストアップ(通勤編)】

通勤時間を利用してバストアップしませんか。

仕事で忙しい方でも毎日の習慣になれば、継続は力なりになりますよ。

1.1つの吊り革を両手で持ち、ヒジを広げます。脇の上部をキュッと収縮させながら、ヒジ同士をくっつけ、くっつけた状態で30秒キープします。

2.ヒジ同士をくっつけたまま、天井方向へ垂直に持ち上げ、ユックリ5回繰り返します。

1.で脇周りの余分な脂肪をやっつけ、2.で大胸筋上部を鍛え、下垂を防ぎます。

 

【座っても出来るバストアップ運動】立位でする方法をで書きますが、立ってできない場合は座ってしてくださいね。

1.真っ直ぐに背筋を伸ばして立ちます。お腹を引っ込めて両手を横に起きます。

2.伸ばした手を上に上げて、ヒジを垂直に曲げます。

3.ヒジを曲げたまま、顔の正面でヒジを合わせ手先まで合わせます。手の平が顔の方に向くようにします。この時バストを意識して胸をはって行ってください。

4.合わせたヒジなどを元の位置に戻します。

このエクササイズを1セット10回として、行ってください。

脇・背中・二の腕にも効果はあると思います。最初は筋肉痛になるかもしれませんので、少しキツイ+もう1セットくらいで、止めて置いたほうがいいと思います。

少しずつセット数を増やす方がいいと思います。

関連記事