バストアップ暦5年で見事に胸を大きくすることができたOLが育乳の方法や豆知識を紹介しています。

バストアップに良くない生活習慣を見直そう

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

日々ストレスと戦っている状態でバストアップにまで時間はかけられないが「貧乳が」「胸をキレイに見せたい」などと悩んでる女性は多いと思います。

時間もお金もかけられない女性でも日々の生活習慣を見直せば改善できる事はあります。バストアップに関してもそうです。毎日の少しの努力だけで大きくできます。

バストアップを邪魔する事って何なのか調べてみましょう。

・睡眠不足(夜更かしをする)(24時以降に寝る)

・運動不足(仕事がデスクワーク)(運動が嫌い)

・スポーツが好きで運動を常にしている

・過剰なダイエットをしている

・偏食である

・冷え性、姿勢が悪い、冷房の中でも平気

・冷たい飲み物が好き・コーヒー・紅茶が好き・タバコを吸う

・男性と対等に仕事している、ストレスがある

・バストの垂れやハリのなさは年齢と諦めている

などが上げられますが思いあたる事はありますか?

ある方は要注意です。間違いなく垂れてハリもなくなります。

【バストアップに必要な事】

バストアップを目指すには「女性ホルモン」「成長ホルモン」の2つが必要です。

成長ホルモンはバストを大きくするのに必要ですし、女性ホルモンは乳腺の発達に欠かせません。どちらかが欠けてもいけませんし、バランスが崩れてもダメなんです。

ですが、上記に当てはまる事がありますと、どちらの活性化も妨げてしまいます。その結果、バストは垂れハリが無くなります。

『睡眠不足』 

・バストアップをしたいのであれば、成長ホルモンの活性化は必要です。成長ホルモンは良質の睡眠で活性化されると言います。22時~2時の間のゴールデンタイムに寝ているかで肌の調子も変わりますし、良質の睡眠をとろうと思うと、この時間に寝てるかで変わってきます。遅くても24時には寝るようにし、時々でもいいので少しでも早く寝れる日を作ってみては、いかがでしょうか。

『運動不足』

・適度な運動はストレスも解消されますし、背中の肩甲骨を刺激する事でバストアップにかなりの効果があると言われています。デスクワークの方は特に腰痛や肩こりを患ってる方も多いと思います。背中のコリを取る事でデコルテ部分のマッサージにも繋がりますので、休憩の時間などにストレッチなどをする様に心がけてみてはいかがでしょうか。それだけでも、バストアップに繋がります。

『スポーツが好きで運動を常にしている』

・反対に激しい運動をしている方に多いのが「クーパー靭帯」の損傷です。バストはコラーゲンの繊維束である「クーパー靭帯」によって吊り上げられています。激しいスポーツをしたり走ったりとバストが揺れてばかりいますと(授乳などでも)「クーパー靭帯」が切れたり伸びてしまいます。悲しい事に「クーパー靭帯」は一度切れてしまいますと、自然には戻りません。ですので、スポーツをされる際は専用のブラを使う事をお勧めします。

『過剰なダイエットをしている・偏食である』

・若いからと無理なダイエットを繰り返していますと危険です。バストだけでなく身体全体の成長を止めてしまう可能性もあります。

成長期には特に無理なダイエットは止めましょう。体重にだけ目を向けてしまいがちですが、丸みをおびなければ、バストにも脂肪がつかないのでバストは小さくなってしまいます。女性ホルモンの働きも悪くなり生理が止まったりしますと、勿論バストも成長しません。太る事を気にするのであれば適切な量の食事に適度な運動で調整する方がバストアップには効果があります。

偏食も同じでバストアップに効果があるからと言って、そればかりを食べていてもキレイなバストにはなりませんし、サイズもアップしません。

無理なダイエットや偏食では、胸は発達しませんので、バランス良い食事を心がけてください。

『冷え性、姿勢が悪い、冷房の中でも平気』

・胸を大きくしたいのであれば、冷え性を改善する事をお勧めします。身体の冷えとバストアップには実は関連があるのです。

冷え性の女性は血行不良になっていて、代謝が悪くバストアップに必要な栄養素がバストにまでいかず、成長を妨げています。

それに冷え性の方は猫背気味になっていて、姿勢も悪くなっていて、バストだけでなく体調自体も悪くなっている方も多いはずです。

姿勢とバストと関係ないように思うでしょうが、実は関係があります。姿勢が悪くなると骨盤の位置も悪くなります。骨盤がずれますと女性ホルモンの分泌が悪くなります。バストアップしにくくなるという訳です。猫背の方は血流も悪くなるのでバストアップ所か反対に下垂の原因にもなるので、胸を張って背筋を伸ばすだけでも効果はあります。骨格のバランスを整える事も大事です。

冷えを改善するのであれば、入浴が一番かと思います。入浴しながら、バストマッサージをすれば同時にでき時間の短縮もできます。

『冷たい飲み物が好き・コーヒー・紅茶が好き・タバコを吸う』

・冷たい飲み物は身体の中を冷やしてしまうので、美味しいでしょうが極力避けて常温くらいで飲むようにしましょう。コーヒー・紅茶がなぜ害になるかと言いますと、カフェインは脂肪を分解する作用があるのでバストは脂肪でできていますので、縮む可能性もあります。1日に1~2杯程度であれば大丈夫とも言われていますので過剰な摂取をしなければ大丈夫だと思います。カフェインは身体を冷やしてしまうので血流が悪くなる事もありますので、お風呂に入った後は飲むのは避けた方がいいでしょう。

・タバコはバストアップの妨げになります。ニコチンが女性ホルモンの分泌を妨げますので、女性らしい身体を作る事ができなくなります。肌にも影響がでますので、美容と健康の為にも禁煙をお勧めします。

『男性と対等に仕事している、ストレスがある』

・現代では女性も責任ある仕事を任せられる事も多くなってきました。仕事だけでなく子育中の方もストレスが溜まっていると思います。ストレスが蓄積されると自律神経が乱れ、ホルモンの分泌が正常にできず、ホルモンバランスが狂います。その影響でバストアップに必要な女性ホルモンが低下しバストアップの妨げになります。ストレス解消法を見つけるのもバストアップを成功させる為には必要になります。

『バストの垂れやハリのなさは年齢と諦めている』

・年齢のせいにして諦めるのはダメです。一番ダメな事です。マッサージや体操や大胸筋を鍛えますとバストは上がります。良質な筋肉をつけるとバストは上がります。30代でも垂れてしまっている方もいれば、50代でも美魔女と呼ばれるバストの方もいます。ただ、努力は必要です。何もしなければバストは加齢と共にさがります。自分に合った方法を見つけ諦めないで下さい。まだ、間に合います。

関連記事