バストアップ暦5年で見事に胸を大きくすることができたOLが育乳の方法や豆知識を紹介しています。

バストアップに効果のある「きなこ」を徹底研究!料理レシピあり!

2ba459cb5d9be9f5dfdf1335300f6383_s

バストアップに効果のある飲み物として「きなこ豆乳」が良く取り上げられますが、他に「きなこ」を使った料理はないのか調べてみました。

バストアップに効果のあるとされている「きなこ」には大豆加工食品の中では大豆イソフラボンが最も多いとされています。大豆オリゴ糖や食物繊維も豊富で便秘予防にも良いそうでバストアップに便秘は成長を妨げると言う方もいますので、バストアップへの効果が期待できる食品です。

Twitterなどでもバストアップに効果があると話題になったそうで、女子の気になる食品でもあります。

【きなこの効能】

「きな粉」とは、大豆を煎って挽いて粉にしたものがきな粉です。大豆食品を毎日摂るより簡単に摂れ消化吸収にも優れています。

バストアップに効果があるとされているのは、栄養素の豊富さです。タンパク質・食物繊維・大豆オリゴ糖・鉄・カルシウム・ビタミンB1・B2・ビタミンE類・亜鉛等のミネラル・イソフラボンなどです。身体を若返らせると言われている天然ポリフェノールも豊富に含まれています。

まだ他にも栄養素はあり素晴らしい食品である事は間違いありません。

坑酸化作用に優れていて、乳がんの予防にもなるとされています。

※1日に必要なイソフラボンの摂取量は40mgと言われており、豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)とされています。イソフラボンの含有量は、きな粉が100%、豆腐は80%、豆乳は1~2%、加工されると0%に近くなるそうです。そういった点でも「きな粉」は万能食と言え女性には欠かせない食品です。

ただ、良い食品でも過剰摂取は身体に毒になる場合もあります。大豆食品の場合ですとイソフラボンの摂りすぎは婦人家系の病気を発症するとも言われており、イソフラボンの過剰摂取により「子宮内膜増殖症」を発症しやすくなったという例もあるそうなので、摂取量は守ってください。

日本では1日の摂取量は、目安として1日40gとされており、1日の上限として75mg以下(サプリメントは30mg以下)と厚生労働省から発表されています。

「きな粉」の場合ですと、大さじ2杯のきな粉で(約12g)イソフラボンは19mgなので、大さじ7杯程度までなら(他の大豆食品を摂らない場合)大丈夫と言う事になります。他の大豆食品を摂られる場合は「きな粉」の量は調整してください。

ではレシピを載せていきたいと思います。

【きな粉を使ったバストアップに効果のある摂取の仕方】

『きな粉豆乳・きな粉牛乳』定番ですが一応参考までに!

「材料」[きな粉:大さじ1~2][豆乳:200ml][ハチミツ:適量]

「作り方」

・全てをコップに入れ混ぜます。ダマになりやすいのでユックリ小分けにしてきな粉をいれるか、きな粉を少しのお湯で先に溶いておくといいという案もあります。

『きな粉入りスコーン』

「材料」[きな粉:20g][薄力粉:200g][ベーキングパウダー:小さじ2]

[黒蜜:大さじ2][三温糖:大さじ2][サラダ油:大さじ2]

[牛乳:70g][フルグラ:適量]

[くるみ(他のナッツでも):適量]

「作り方」

・ボールに「フルグラ」「くるみ」以外の材料を入れ、ゴムベラで混ぜます。

・砕いたくるみ(ナッツ類)フルグラを入れ、さらに混ぜ、手でひとまとめにまとめます。

・手で厚めに押し伸ばしナイフで好きな大きさにカットします。

・180度で予熱しておいたオーブンで15分ほど焼けば完成です。

※焼き時間は各家庭のオーブンによって違うので様子を見ながら焼いてください。

『黒蜜きなこの牛乳プリン』

「材料」[きな粉:適量][牛乳:400ml][ゼラチン:5g][黒蜜:適量]

[水:大さじ2]

「作り方」

・ゼラチンを水でふやかしておきます。

・牛乳を入れ物に入れてレンジで牛乳モードか飲み物モードで温めます。

・牛乳の入った容器にゼラチンを入れ混ざるまで混ぜます。

・あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やし黒蜜ときな粉を乗せれば完成です。

『かぼちゃのきな粉メープルシロップがけ』

「材料」[かぼちゃ:適量][きな粉:適量][メープルシロップ:適量]

「作り方」

・かぼちゃを食べたい分だけ一口大に切ってレンジで柔らかくなるまで加熱します。800Wで2~3分ほど(濡らしたキッチンペーパーで包んでレンジするとパサパサにならないそうです)

・かぼちゃにきな粉とシロップをかければ完成です。

『ほうれん草のきな粉ごま和え』

「材料」[ほうれん草:1束][すりごま:小さじ2][きな粉:小さじ2]

[醤油:小さじ4][砂糖:小さじ4][水:大さじ2]

「作り方」

・ほうれん草をさっと湯がき、長さ4cmほどに切り手で水気を絞ります。

・ボウルに醤油・砂糖・水を合わせ、ほうれん草を加えます。

・きな粉とすりごまを加え軽く和えたら完成です。

※きな粉の量はお好みで調整してください。

※まとめ

きな粉は万能調味料にもなりますので料理に色々と使えますので是非、試してみてください。砂糖入りでないきな粉の場合ですと甘味が足りないなと思われたらハチミツでも砂糖でもいいので足してみてください。

関連記事