バストアップ暦5年で見事に胸を大きくすることができたOLが育乳の方法や豆知識を紹介しています。

バストアップに「テニスボール」を使ったマッサージが効果あり(他にも肩甲骨を道具を使ってほぐす方法あり)

c6c9ce25f6f9dd71834e6be2b7b08b7e_s

最新のマシンや技術の高い某エステサロンで「テニスボール」を使っての施術があると少し前に話題になった事がありました。最新マシンと高技術のコースの中で、”各部位の調整”と呼ばれる施術であり、その調整を行うのに使用するのが「テニスボール」なんです。

コースで「テニスボール」が最初出てきたら正直ビックリしますよね。ですが、その施術がとてもバストアップには重要な役割を持っているのです。

このエステで「テニスボール」を使用するのは肩甲骨の調整時だそうで、肩甲骨が凝り固まっていると姿勢が悪かったり猫背になったりと前かがみになりがちです。そうなると、肩の前側の筋肉が縮まってしまい、胸が開かなくなりバストも縮まります。結果、バストが貧弱に見えたりデコルテに元気がないように見え貧相になってしまいます。バストばかり集中してケアするより肩甲骨の凝りを取り除く方が有効になります。バストアップを願うのであれば、肩甲骨を先に健康にする方が先決だと言えます。

【テニスボールを使用して肩甲骨の凝りを取る方法】

・仰向けに寝て、肩甲骨の内側(背骨の横あたり)を片方ずつ「テニスボール」を置いてコロコロ背中で転がします。片側1~2分程度でOKです。

とても簡単ですが、これを行うだけでも、胸が開いた形になりますので、姿勢も良くなり、バストアップにも繋がります。肩甲骨を刺激する事がとても良い結果をだしてくれます。

色々な道具などで試してみたそうですが、「テニスボール」が一番手ごろなベストな大きさだったそうです。試しに行ってみましたが、とても気持ちよく、もう少し長い時間やっていたいと思いました。

※ポイントは肩甲骨にフィットした感触があり、やっていて心地よく感じる程度の強さがベストです。簡単に出来ますが効果は、かなり期待できますので、毎日少しずつ行ってみてください。自宅で自分でも出来るエクササイズとして利用できますので、是非「テニスボール」を手に入れてください。

【ストレッチポールを使用した肩甲骨の運動】

・ダイエットにも効果ありのストレッチポールを使って肩甲骨をほぐします。肩甲骨を刺激しますと代謝もあがりますので冷えや肩のコリもとれますし、毎日少しでも行えば体調の変化にも気づきます。勿論バストアップにもかなりの効果が期待できます。

「ストレッチポール」とは、筒状やかまぼこ型の棒のような形で正規店の物を購入しようと思いますと結構高いので「ヨガポール」などでも代用できますし、購入する際は調べてみてください。良く似た商品ありますので、値段はピンキリです。

棒状のような物にタオルなどを巻いて代用も出来ますのでアイディア次第では購入しなくてもできます。

[重要な基本姿勢]

1.ストレッチポールに頭からお尻まで縦に乗ります。乗る時はストレッチポールの端にお尻を置きヒザを立てて座ります。

2.手を床につきながらユックリを体を倒していき仰向けに寝ます。

3.寝ましたら腕はやや広げ手の平を上に向けて力を抜いてください。

4.ヒザは立てたまま、足の裏を床につけます。腕や足幅は安定し落ち着ける場所で大丈夫です。

※大きく深呼吸し体の余分な力は抜きます。胸が開いて肩がポールの両サイドに落ちていくイメージをしてください。身をゆだねる事が一番の重要ポイントになります。

※基本姿勢はこの姿勢です。これだけでも、結構背中伸びますのでバストアップに効果あります。最初は基本姿勢で背中を下に反らす動きをするだけでも十分に肩甲骨は動きますよ。

【ストレッチポールを使って体操してみよう】

『腕を上にあげ行うストレッチ』

1.基本姿勢になります。

2.両手を肩幅に広げた状態で上に真っ直ぐあげ指先を天井に伸ばす感じで腕を伸ばします(肩の力を抜き楽な感じで行ってください)何回か繰り返します。

3.今度は両手をあげたままの体勢のまま、右手、左手を交互に天井に向かい伸ばします。ユックリ肩甲骨が上下しているのを感じるように行ってください。

4.基本姿勢に戻り楽にしてください。

5.全体で30秒ほどを目安に1セットとし行えばOKです。無理はしない程度で行ってください。セット数はご自分で1日に何回とか決めればいいのですが、毎日過剰に回数を行うよりか毎日少しでいいので継続する事が大事になってきます。

『腕を横に動かすストレッチ』

1.基本姿勢になります。

両手をお尻の横辺りの床に軽く置き床を掃除するような感じで円を描きます。

2.肩甲骨を動かす感じで意識し行ってください。同じ方向で15秒くらい回します。回す方向を変え15秒回します。

3.両手を上に真っ直ぐあげ手の平を合わせます。そのまま上に伸ばします。ゆっくり元の位置に戻すを10回ほど繰り返します。上下の上げ下げのストレッチです。

※今回は道具を使用して行うストレッチを紹介しましたが、道具を使うと簡単に出来ますので、長い目でみれば、それほど高い買い物ではないのでしょうか。ダイエット効果もありますし、ストレッチポールに関しては全体の体の運動にもなりますし、健康維持の上でも役に立つ商品だと思います。

関連記事