バストアップ暦5年で見事に胸を大きくすることができたOLが育乳の方法や豆知識を紹介しています。

5分で出来る簡単バストアップマッサージ(ツボ編)

15

胸を揉めば大きくなる、と良く聞きますよね。真っ赤なうそです。ちゃんとしたマッサージをしなければ、効果はありません。揉んだ事により一時的に血行が良くなり大きくなって気がするだけで、スグに戻ります。

胸のほとんどが脂肪で出来てるので、筋肉をつけなければ、垂れます。

脂肪は刺激の仕方を間違えると小さくもなります。

無理なマッサージは逆効果になるんです。

ですので、やり方は守って、負荷をかけすぎないようにしてくださいね。

太ってる女性に胸の大きい方が多いのは脂肪がたくさん胸についてるしで、スリムな女性で胸が大きい方は、乳腺が発達してるからなんです。

バストアップに必要なのが乳腺の発達になります。乳腺を発達させるためには、女性ホルモンが大きく関係してきます。

女性ホルモンを活性化させるのも、マッサージなんです。女性ホルモンの分泌のピークは思春期なんです。思春期がすぎたら自分で補ってやる必要があるんです。女性ホルモンを分泌させるためにもバストアップマッサージが重要になります。

毎日少しずつのマッサージでも胸を大きくキレイにする事はできます。若いから大丈夫(思春期だけです何もしなくても大丈夫なのは)、年だから無理っていうのは思ってる本人だけで、胸はちゃんと手入れをすれば応えてくれますよ。

思春期の時は確かに女性ホルモンでてますので、成育を邪魔しない食事や睡眠に気をつける方が賢いですが、20歳回れば、バストからすれば、もう若くないんです。垂れは始ってきます。

毎日って聞くと犬猿しがちですが、簡単に短時間でも効果はあります。手の空いた時間にできる簡単マッサージを、いくつか紹介できたらいいなと思います。

必死に毎日何時間もだと続きませんし難しいとやる前に疲れてしまいますし、5分程度でできるマッサージを紹介します。

肌を痛める原因になりますので、クリームもしくはオイルなど、何かはつけてくださいね。

入浴中に体を洗いながらやるとクリームなどもイラナイですね。血行が良いときの方が効果は高まります。時間の空いてるときにマッサージをされる方は手だけは温めてくださいね。手を温めるだけでも、効果はあがります。

 

【ツボ編】

《バストアップに効果のあるツボ「だん中(だんちゅう)」》

「だん中」の位置:胸と胸の中間で、胸の付け根あたりの中央部分を押してちょっと痛いなって感じる部分です。女性ホルモンを活性化させたりストレス軽減・美肌効果もあるツボです。

1.だん中のツボの位置に指を置きます。人差し指と中指の2本がしやすいと思いますが、ご自分のやりやすい指でいいと思います。

2.ユックリと力を入れていき、少し痛いなと思ったら、そのまま5秒キープします。これを5回行います。

 

《バストアップに効果のあるツボ「天渓(てんけい)」》

「天渓」の位置:乳首の高さに位置してます。乳首から脇の方に移動していき胸と脇の境目くらいのところの骨と骨の間にあり軽く押すと痛い場所があります。そこが天渓です。乳腺を刺激するのでハリのあるバストを手に入れれます。

1.左右同時に押すのがポイントです。左側は左手、右側は右手で行います。左右の天渓のツボに親指を置きます。

2.左右のツボを同時に下から押し上げるような感じで親指でユックリ押します。そのまま5秒キープし5回繰り返します。

 

《バストアップに効果のあるツボ「乳根(にゅうこん)」》乳根はリンパの流れや女性ホルモンの分泌を活性化させてくれます。母乳も、出やすくなるツボとしてもいわれてます。

「乳根」の位置:バストトップから指2本真下の位置にあります。押すと少し痛みが感じられると思います。

1.左右同時に行えます。指でユックリ、ツボを3秒押しユックリ離します。これを3回繰り返します。

※ここまでを毎日行うと効果は現れてくると思います。

下のツボは参考までに載せますが、全然毎日、追加で行ってもらってもOKです。

時間に余裕があれば、今日はこれも足そうかなって感じで追加すればいいと思います。

【追加で行えばさらにプラスになるツボです】

《バストアップに効果のあるツボ「渕腋(えんえき)」》渕腋はバストのハリを良くしてくれるツボです。

渕駅の位置:乳首からだいたい10センチ位外側にあり、脇の下にあります。天渓の位置と間違わないでくださいね。イメージ的には天渓より下にあると思っていただいて結構かと思います。

1.左右同時に行います。左側は左手、右側は右手の親指で両方同時に押します。

2.ユックリ押していき3秒キープしユックリ離すを3回行います。

 

《バストアップに効果のあるツボ「胸郷(きょうきょう)」》胸郷のツボは女性ホルモンの活性化を促し乳腺、乳汁など胸部疾患全般に効くと言われてるツボです。

胸郷の位置:両手を真っ直ぐ下におろします。下ろした時にできる脇の下のシワから3センチほど胸の内側にあります。押してみると痛みが軽くあります。

1.左右同時に行います。親指を脇の肉に引っ掛け気持ちよい程度の力でツボを押します。

2.ユックリ押し3秒キープし、ユックリ離すを3回行います。

※どのマッサージもそうなのですが、力任せにだけはしないでくださいね。

クーパー靭帯を傷つけてしまいますと、垂れを自分で作ってる事になりますので、ソフトタッチで刺激を与えましょう!

関連記事