バストアップ暦5年で見事に胸を大きくすることができたOLが育乳の方法や豆知識を紹介しています。

バストアップには血糖値を上げない努力が必要!その方法とは!

923fdd3d725cfbc5dc6677e8769e0213_s

バストアップと血糖値って繋がらないような気がしますが、スゴク関係あるのです。胸を大きくしたいのなら、脂肪をたくさん蓄えれるように太ればいいのですから糖分もOKの様な気もしますよね。確かに糖分も活動などをするうえでのエネルギーになるので白いご飯などの糖分は必要です。痩せてしまうと胸も縮んでしまう事もありますしバストアップも難しくなります。

ですが、甘い物を食べ過ぎてしまいますと「女性ホルモンのエストロゲン」の分泌量が減ってしまう可能性があるのです。人は甘い物を食べますと血糖値が急激に上昇します。その上昇した血糖値を下げるのに「インシュリン」というものが分泌されます。「インシュリン」が分泌されると今度は血糖値は急激に下がってしまいます。

この様に血糖値が急激に上がったり下がったりしてしまいますと「交感神経優位」という状態が起こります。「交感神経優位」の状態が長く続きますと、筋肉などが固まったままになり、筋肉の硬直により血管やリンパの流れなどを阻害し、結果的に疲労の回復や体の修復が遅れてしまいます。

特に空腹時に甘い物を摂ってしまいますと急激に血糖値が上がってしまいますので、気をつけましょう。血糖値の上がり下がりを頻繁に起こすような食事などをしている方は精神的にイライラが激しくなったりもします。

イライラ状態が続くという事は男性ホルモンの増加が起こりますので、女性ホルモンは減少します。バストアップにはイライラもストレスも妨げになりますので、何をしても良い結果は出ません。

空腹時に甘い物を食べる習慣のある方は早急に食べ方を変えるなどして血糖値の急激な上昇を避けるようにしましょう。

「交感神経優位」の状態が続くと女性ホルモンのエストロゲンが減少しますので女性らしい身体を作る事が出来なくなるので胸も育たなくなります。

【睡眠と血糖値の関係】

・バストアップを望むのであれば、良質な睡眠も必要になります。睡眠と血糖値に直接の関係はないですが、間接的にはスゴク関係があるのです。それは女性ホルモンなどに関係があるからです。

寝ている時に「女性ホルモン」も分泌されますし、「成長ホルモン」も分泌されます。この両方共バストアップには欠かせないものです。寝る前に血糖値が高いと分泌の妨げになるのです。

寝る3時間前には食事や間食はしない方が良いのです。「女性ホルモン」も「成長ホルモン」も正常に分泌させようと思うのならば、血糖値が低い状態でなければなりません。

22時~2時までの美のゴールデンタイムに血糖値を低くする必要があります。仕事や育児で無理って思う方も大勢おられると思いますが、週のうち何日かでも最初はいいと思いますので生活習慣の見直しをしてみては、いかがでしょうか。バストアップには必要な事になってきます。

【血糖値を急激に上げないには】

・やはり食事のコントロールかと思われます。モデルさんなども実践している血糖値をゆるやかに上げる方法などを利用してもいいのではないかと思います。

『血糖値を緩やかに上げる方法』

・茶色い物を食べる(低GI値の食品など)

・お酢を使った料理を食べる

・食事の時に最初タンパク質な物を二口ほど食べる

・炭水化物は最後に食べる

この4つを心がけるだけで、効果の出方は早いそうなので空腹時にイライラすると言う方は効果の現われが早いかもしれません。

「炭水化物のGI値の低い物」

・全粒粉パン・黒米・玄米・生そば、などを最後に食べるといいそうです。

他にもGI値の低い物はたくさんあり、バストアップに効果のある海藻類も、かなり低いので晩ご飯などに活用すると、無理せず血糖値を上げる事なくいけるのではないでしょうか。

野菜や肉類や魚類も大量に食べなければGI値が低いので食べる時間帯が遅くないのであれば、普通の量を普通に食べる分には問題なく、炭水化物の多量摂取を調整すれば大丈夫かと思います。落とし穴なのが和食は砂糖が以外に多く使われている場合も多いので料理の内容には気をつけましょう。

血糖値上げる=贅沢な食事、お肉類、などと勘違いしてしまいそうですが、実は少し違います。

「炭水化物は摂取後15分以内に血糖値を上げ、2時間以内に100%がブドウ糖に変化し吸収される。タンパク質や脂肪はまったく血糖値を上げない」とアメリカのADA(アメリカ糖尿病学会)の公式テキストブックにはかかれています。

「焼き魚定食」VS「ビーフステーキ、サラダ、野菜スープ」の血糖値だけの戦いでいいますと、「ビーフステーキ」などのセットの方が血糖値を上げたくない食事を希望するのであれば、お勧めなんです。バストアップにもお肉のタンパク質は良いので晩ご飯にステーキでもいい訳なんです。食事時間によっても内容は変わってきますが、無理をしてアレもコレもダメなんだ、と考えるよりバランスと摂取の仕方や時間帯などを考える方が楽しく楽にバストアップも出来ますし、続くと思います。

※まとめ

血糖値をゆるやかに上げる食事の仕方や方法を知ればダイエットもバストアップも同時に行えるので女子力アップにも繋がっていくと思います。

関連記事