バストアップ暦5年で見事に胸を大きくすることができたOLが育乳の方法や豆知識を紹介しています。

バストアップに伴い気になる乳首の色

3f7748d997849e7c31b34e7b420dd254_s

バストアップ体操やマッサージをしていく内に乳首の色って気になりますよね。

キレイなピンクの乳首って本当に居るのかな?って。経験が多いと黒いなど言われてますが、どうなんでしょう?

調べてみました。とある医師の話では、乳首の黒いのはある意味若い証拠だそうです。年齢と共に乳首の色は薄くなるのが本当だそうです。

乳首や乳輪が黒ずむのは紫外線や外的刺激から真皮を守るために体内で作られるメラニンが色素沈着を起こすためで、デリケートな部分ほど黒ずむます。

バストトップの場合、柔らかい先端である乳首を守ろうとするので、黒ずん出しまうわけです。乳首はもともと肌を黒くするメラニン活性が高く、こすれるだけで黒ずむそ部位だそうで、肌質によっても変わってきます。体質などによっても左右され黒ずみやすいかは個人差があるそうです。

ですので、経験が豊富だと黒いは迷信でしかないのです。白人の方はメラニン活性が低いそうで、ほとんどの白人の方は乳首はピンク色だそうです。日本人も60代以上になればメラニンを作る細胞が弱まり乳首の色は薄くなるそうです。そうなると乳首の色が黒いのはメラニンを作る細胞の働きが活発といえるので、若い人の特徴といえます。

メラニンが作られるのは、具体的にみてみると・加齢・妊娠、出産・授乳アトピー性皮膚炎」などが上げられます。

妊娠中の女性特有の生理現象としてメラニン活性が高くなる時期ですので濃いこげ茶色になるそうです。出産が終わり落ち着いてくる半年後くらいには元に戻るので安心してください。

敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方などは乳頭(乳首)やその周りに湿疹ができ、かゆくなって掻いてしまうと刺激でメラニンが活性化し乳首が黒ずむ色素沈着が起こります。

バストアップマッサージをする上で乳首はこすらないようにしなければ、いけませんね。

日本人の肌のタイプは3つに分けられるそうで、

・ジャパニーズスキンタイプ1:淡いピンク色の乳首で白人に近く、日焼けしても赤くなり黒くならない人

・ジャパニーズスキンタイプ2:茶色・薄茶色の乳首で日焼けすると赤くなり、その後で黒くなる人。日本人に多いタイプです。

・ジャパニーズスキンタイプ3:最も黒ずみやすい乳首で、日焼けしても赤くならず、すぐに肌が黒くなる人

ブラジャーのこすれでも乳首は刺激されるのですが、バストアップを目指す場合ノーブラで過ごすわけにもいかないので、下着の素材にこだわるしかないですね。縫い目が当たらないブラジャーを選ぶことをお勧めします。

では、乳首は黒ずんだら黒いままなのでしょうか?ピンクにはならないのでしょうか?それがあるのです。バストアップをする上で同時に乳首もケアしましょう。

【乳首・乳輪の黒ずみのケア方法】

簡単に始められる方法としては、美白成分が配合されてるクリームや乳液を使用します。メラニンが作られるのを抑えたり、作られたメラニンを薄くする成分の入ったものを選ぶと効果が期待できます。

それ以上の効果を望むのであれば、黒ずみ専用のジェルやクリームもあり、ピーリング剤も市販されてますので利用してみてもいいのではないでしょうか。

美白効果のある成分としては

【ハイドロキノン】

肌の漂白剤と呼ばれメラニン色素をつくりだす酵素を活性化しにくくします。メラニンを薄くする漂白・還元作用があり、ビタミンCやトレチニイン酸と一緒に使うと効果アップです。前は皮膚科でしか処方できなかったのですが、今は低濃度のものが市販でも販売されてます。

【トレチノイン酸】

肌の新陳代謝を促進させる成分がありピーリング剤のようにポロポロ剥がれ落ちる事があります。皮膚が乾燥しやすくなり、赤くただれたようになる事もあるので医師と相談し使用してください。

【ビタミンC誘導体】

壊れやすいビタミンCを化粧品に配合できるように作られたもので、酵素反応により、体内でビタミンCへと変化します。メラニンを作りにくくするだけでなく、メラニン色素の還元作用もあり優れた美白成分だと思いますが刺激により、肌が乾燥しますので、保湿成分が配合されてるケア用品を選んでくださいね。

【ルミキシルペプチド】

メラニンを作るのを抑え黒ずみを薄くさせる効果があり、天然由来のタンパク質であるため肌への負担も少なく、ハイドロキノンの17倍の美白効果があるそうです。今最も注目されている成分です。

『ケアするときの注意点』正しい方法で行ってください。間違った使い方をすると逆効果になります。

皮膚は強くこすると、刺激でメラニン色素が作られてしまいますので体を洗うときなども泡をたっぷりしっかり作って優しく洗いましょう!

黒ずみのケア商品なんですが、市販されてる物には予防のための美容液&クリームとできてしまった後に使う黒ずみ専用クリーム&ジェル&ピーリング剤があります。使用の目安は商品にも書いてありますが守りましょう!

朝と夜の1日2回のものが多く、入浴後や乳首などをキレイに洗ってから塗りこむと美白の効果があがります。

ただ中には美白成分がきつ過ぎて肌を傷めてしまう商品もありますので、使用するときには十分に注意し腕などでパッチテストを行う事をお勧めします。

関連記事